消化器外科看護師求人ガイド 消化器外科の看護師の面接対策は?

消化器外科看護師求人ガイド

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる

消化器外科の看護師の面接対策は?

自分が応募した病院の消化器外科の看護師として仕事ができるかどうかは、最終的には面接試験のできいかんにかかっています。その場で対応するとなると、あたふたしてしまいますのでしっかりと準備をしてから面接試験に臨みましょう。面接試験の準備をする際に、服装などの身だしなみにはまず注意すべきです。たいていの面接試験は、10分前後で終了してしまいます。このため、見た目の印象は面接試験の行方を占ううえでかなり重要なポイントになりえます。面接を受ける際には、清潔感が出るかどうかにウエイトを置きましょう。消化器外科の場合、手術のフォローなども任されるケースは考えられます。そこでほかの診療科目以上に、衛生面の管理がきちんとできるかどうかは重視されます。いくらきちんとしたキャリアを持っていたとしても、清潔感がなければ致命的なマイナスになってしまいかねません。

たとえば、髪の毛の長い人であれば一つに束ねておきましょう。その他にもメイクをするのはもちろんですが、あまり厚化粧にならないようにナチュラルメイクを心がけましょう。また爪が長いのは衛生面ではかなりのマイナスポイントとなりえます。そこできちんと爪を短くカットして、マニキュアなどをしているのであれば落としておくべきです。アクセサリーに関しては、一つくらいであれば付けていても別に問題はないでしょう。しかしあまりにジャラジャラとアクセサリーをつけていると問題もありますので、できるだけ外しておくべきです。このように面接官が自分を見てどう感じるかという点を意識した服装やいでたちを考えましょう。

面接の中には定番の質問がいくつかあります。この質問に対してスムーズに答えられるように、準備しておきましょう。たとえば皆さんのこれまでの経歴について、どの病院でも質問してくるでしょう。そこでどこの病院でどのような業務をしたのか、仕事をしていく中でどのようなスキルを身に着けられたのかを答えましょう。理路整然と、しかも簡潔に答えられるように準備しておいてください。アピールすべき点をキーワードにして、文章を考えてみるといいでしょう。また退職理由に関しても、ほぼ確実に質問されます。退職理由の中で、看護師の場合本来最も多いのは職場の人間関係のトラブルだといわれています。しかしこのような理由は実際そうだったとしても、ネガティブな印象を与えます。そこでマイナスイメージにならないような理由を考えておきましょう。

消化器外科看護師求人ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★