消化器外科看護師求人ガイド 消化器外科の看護師の志望動機は?

消化器外科看護師求人ガイド

安定した収入

活きる資格!見に付くスキル!

やりがいのある仕事がみつかる

消化器外科の看護師の志望動機は?

履歴書を作成するとき、面接の質疑応答の時、転職活動を通じて避けて通れない項目の中の一つに志望動機があります。なぜ消化器外科を目指そうと思ったのか、しっかりと自分の中で答えを出しておきましょう。いくら看護師として長いキャリアを持っている、実績もあるといっても志望動機が明確でないとなかなか採用されません。確かに中途採用の場合、即戦力として活用できるかどうかも確かに重要なポイントではあります。しかしもう一つ、本気で仕事をしたいという熱意を持っているかどうかも重要な採用の判断材料になります。志望動機を考える場合、診療科目の特性などをかんがみて、自分のやりたいことに重なっているかどうかを考えてみましょう。

消化器外科の志望動機を考える場合、看護師のスキルを高められるからというのは大きな理由になりえます。消化器外科の場合、幅広い治療法が行われ、その治療に対応する看護師も幅広い看護スキルを会得できます。例えば手術をはじめとした外科的治療があります。そしてがん患者に対しては、放射線治療や抗がん剤による治療が実施されます。さらには患者に対して薬の処方もあり得るので、投薬管理をしないといけません。そして入院患者や自宅療養のため退院する患者に対して、食事指導も行います。このようにさまざまな業務をこなすので、専門的な知識やスキルが身につきます。また手術を受けた後の患者の容体は不安定になる傾向があります。そこでいち早く容体の急変に気付き、迅速に処置を施すことが究明につながる可能性もあります。このため、患者に対する観察眼も培えます。実際患者への観察力は、消化器外科から他の診療科目に異動した時にも生きると感じている看護師は多いです。このような消化器外科でないと身につかないスキルをマスターしたいからという志望理由は、説得力があるはずです。

ただしここまでの志望動機だけだと、ただ単に消化器外科の看護師として仕事をしたいだけのアピールになってしまいます。そこで加えて、応募しようと思っている病院で仕事をしたいと思えるような志望動機を考えないといけません。そのためには、まずは応募しようと思っている医療機関のホームページにアクセスしましょう。その中で、病院の治療方針や看護部の理念などが紹介されているはずです。このような情報を見て、自分の看護に関するポリシーと共鳴できるところがあれば、それを志望動機に絡めてみることです。このような組み立て方をすれば、説得力があって真に迫る志望動機が作れるはずです。

消化器外科看護師求人ガイドランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★